スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルトガッサ構築まとめ

今回は、前から紹介しているボルトガッサ構築のまとめです。


borutorosu.pngkinogassa.pnghassamu.pngkairyu-.pnghi-dorann.pngsuikun.png


↑のやろうどもからなる、先手で相手を一匹落として、相手の後ろにこっちが落とされそいつを自分の後ろが落とすって感じの構築

基本は、ボルトガッサのとんぼるちぇんで後ろのガッサ、スイクン、カイリューをサポートしていく感じです。

去年の秋ごろからはやりだした構築ですね

今は、結構対策されているので、あまり動けないかもですけど強いのには、変わりないです。

一匹一匹の役割は↓の一匹一匹の説明で


borutorosu.png


持ち物:気合の襷

性格:臆病 

特性:いたずらごごろ

努力値振り:H 6 C 252 S 252

技構成:十万ボルト ボルトチェンジ めざパ氷 電磁波

型の説明 ボルトロスは、帯やらで耐久調整した型が一般的でしたが最近スカーフニョロトノスカーフガブリアスがでてきたことにより帯だと両方を耐えるだけの努力値がなくなってしまうので襷で確実に行動できるようにします。

帯型よりは、火力が劣っていますが、後続の先制技などで対処できるのでそこまで苦労はしません。

また襷をもたせることによって帯型では、積んでどうにもならないポケモンを無理やり倒したりすることもできます。

例:カイリューの舞逆鱗を襷で耐えてめざ氷で返り討ちなど(マルスケが潰れている前提)


ポイヒガッサ

kinogassa.png


持ち物:どくどく玉

性格:陽気

特性:ポイズンヒール

努力値振り:H 156 D 100 S 252

技構成:ローキック キノコの胞子 身代わり タネマシンガン


型の説明:普通の耐久振りガッサですね。

役割を持てるほど耐久に余裕が無いので死に出し、交換読み交換、蜻蛉ルチェンサポなどからの降臨が理想。
 
天候ポケにくりだしていく感じです。

ローキで、相手をどんどんハメてやってください。


鉢巻ハッサムさん

hassamu.png

持ち物:こだわりはちまき

性格:いじっぱり

特性:テクニシャン

努力値振り:H 156 A 252 B 100

技構成:電光石火 バレットパンチ とんぼがえり 燕返し

型の説明:こいつも特に説明することもない普通のよくいる鉢巻ハッサムです。

有利体面不利対面にも関わらず、とんぼがえり、でんこうせっか、バレットパンチをするだけで相手に大きな負担を掛けていけるのが優秀です。

しかし、クセが強いポケモンでもあるので、慣れるまで大変かもしれません;;


kairyu-.png

4匹目は、こいつ

持ち物:ラムの実

性格:いじぱっり

努力値振り:H 196 A 116 S 196

技構成:げきりん 竜舞 しんそく ストーンエッジ

・調整↓守

・ラティオス珠流星群耐え

・調整↓早

竜舞一積み時、最速115族抜き抜き

・ガブリアスこだわり鉢巻げきりん耐え

型の説明:これまたよくいるラムカイリュー。

ラム持たせてるのは、麻痺が怖いのとげきりんの混乱を直してくれるなどにも役立つからです。

エッジは、サンダーに、対してこのパーティはちょいと薄いと思ったのでそれの対策にです。


5匹目は、こいつ

hi-dorann.png


持ち物:風船

性格:臆病

努力値: H 196 B 4 C52 D 4 S252

技構成:ストーンエッジ 竜の波動 オーバーヒート 挑発

風船を持たせる意味とヒードランについて:固有タイプを持ち炎や竜を半減以下に抑えてくれるやつ。
          風船を持たせることによって最近たまに見るめざ地ガモスやスカガブ、マンダ、波乗りラテ          ィなどにも強い。



suikun.png

最後に催促スイクンの説明

性格:臆病

持ち物:カゴの実

特性:プレッシャー

技構成:ねっとう 瞑想 れいとうビーム 眠る

スイクンをHSにする理由

スイクンと言えば物理に厚く、ガブリアスなどの物理竜ストッパーという印象を抱いている人がおおいと思います。

しかし、そういった型は、第五世代で崩壊しました。理由は、まず一つは眠りの使用変更とそれに伴うキノガッサの強化です。今作から交換により眠りターンがリセットされるようになり、ローキックが追加された事も重なりキノガッサの圧力が非常にくなったこと

よって、ガッサより遅いポケモンがいるとラムや寝言などの対処法を持たない限り起点にされ完封されるという事です。これにより足の遅いポケモンは火炎玉ブシンなどの対状態異常を持つポケモンを例外に駆逐され、キノガッサを抜ける種族値を持つポケモンはS135以上を保つ事がテンプレートとなりました。

もう一つの理由は意地っ張りガブやマルチスケイルカイリューの登場です。
これまではオボンを持ち凍える風を使う事で後出しからでも物理竜を確実に止める事ができましたが、マルチスケイルを凍える風2発で落とす事はCを全振りしても無振り相手にすら乱数に頼るしかありません。

要するに、キノガッサに起点にされるリスクを負っても意識したい物理竜への遂行が安定しないという事です。これはHB特化スイクンの採用理由が薄くなったということです。

そこでHSスイクンです。物理竜への後出しからの遂行力を削る代わりにSを上げ完封できるポケモンを増やしたりキノガッサに縛られず水としての役割安定を意識した物です。

このパーティでの役割

・対受けループ性能
・水としての役割遂行能力
・ある程度の対雨・対砂性能
・ある程度の対物理竜性能
・相手のポケモンの起点にされない

などといったところかな?

急いで書いたの誤字脱字やなんかいろいろと間違ってること書いてるかもしれませんが了承を
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えりたん

Author:えりたん
使用デバイス
Mouse:Razer Deathadder 3500
Mouse Pad:RazerGoliathus
Keybord:RazerBlackWidow
Headset: Razer Megarodon

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。